行政書士の役割とは

行政書士の主な役割は、クライアントからの依頼に基づき、官公庁に提出する各種書類の作成と提出を行うことです。具体的には、相続関連、自動車登録、権利関連の業務、営業許可申請、離婚に関する書類、事実証明書などが含まれます。

これらの書類は個人でも作成可能ですが、手続きの方法が分からない場合や専門的な知識が必要な場合には、行政書士に依頼することが一般的です。また、書類作成にかかる時間がない場合にも、行政書士に依頼することで時間を節約できます。

行政書士の業務範囲は広く、その規定も比較的曖昧です。一部の行政書士は、テレビドラマの影響もあって、弁護士や司法書士とは異なり、より身近で日常的な法律問題に対する相談に応じ、解決を支援する役割を担っています。実際に、法律相談や企業向けのコンサルティング業務を行う行政書士もいるため、このようなイメージは間違っていないと言えるでしょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。