行政書士 月収

行政書士の平均月収は約50万円とされていますが、実際には収入に大きな差があります。一部の行政書士は高収入を得ていますが、全く稼げていない人も多く、年収が100万円未満の人も珍しくありません。

行政書士の仕事だけでは生計を立てるのが難しいため、アルバイトを併せて行う人も少なくありません。特に、独立して開業した場合、最初は仕事が少なく収入がほとんどないことが一般的です。経費を差し引くと収入がほとんど残らない、あるいはマイナスになることもあります。

しかし、経験を積み、仕事が安定してくると、年収が1000万円を超えることもあります。行政書士として収入を増やすためには、まず仕事量を増やすことが重要です。そのために、行政書士の資格だけでなく、他の資格を取得することで仕事の幅を広げる人もいます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。