行政書士と司法書士の違いとは?

行政書士と司法書士の主な違いは、彼らが作成する書類の提出先にあります。行政書士は主に市役所などの行政機関に提出する書類を作成する仕事を担当します。これには遺言書、相続関連の書類、示談書などが含まれ、これらは裁判において重要な書類となることがあります。また、風俗営業の許可申請や外国人のビザ申請なども行政書士の業務範囲です。これらは行政書士の専門領域であり、司法書士には行えない業務です。

一方で、司法書士は法務局などに提出する書類を作成する仕事をします。これには不動産関連の書類や登記などが含まれます。さらに、自己破産や債務整理なども司法書士の専門分野であり、これらは行政書士の業務範囲外です。

行政書士と司法書士は名前が似ており、一部業務が重複することもありますが、それぞれに特有の独占業務が存在し、業務内容は大きく異なります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。